8月08日(土) | オンラインZOOM講座

オンラインZOOM講座第5回 障害のある子が被害にあった時、加害者になってしまった時

障害のある子の親として一番の願いは、子どもがトラブルに巻き込まれることなく、平安に過ごして欲しいということ。 しかしながら、現実には学校や施設などでの虐待であったり、お金をだまし取られたり、犯罪者に間違えられて逮捕・拘留さたりなど、障害の程度によって違いはありますが、残念ながら色々なトラブルが起きています。 夏休みスペシャル企画として、発達障害のある人の権利擁護に携わっている弁護士の根本先生と、知的・発達障害者のための保険を販売しているぜんち共済の亀田氏を講師にお迎えします。
お申し込みの受付は終了しました。
オンラインZOOM講座第5回 障害のある子が被害にあった時、加害者になってしまった時

日時・場所

2020年8月08日 11:00 – 12:00 JST
オンラインZOOM講座

イベントについて

講師:根本達矢弁護士(東池袋法律事務所)・亀田秀明氏(ぜんち共済株式会社取締役)

進行:さとう加根子(一般社団法人障害のある子のライフプランサポート協会代表理事)

障害のある子の親として一番の願いは、子どもがトラブルに巻き込まれることなく、 平安に過ごして欲しいということだと思います。  

しかしながら、現実には学校や施設などでの虐待であったり、 お金をだまし取られたり、犯罪者に間違えられて逮捕・拘留さたりなど、 障害の程度によって違いはありますが、残念ながら色々なトラブルが起きています。  

オンライン講座第5回目は、夏休みスペシャル企画として、 発達障害のある人の権利擁護に携わっている、

弁護士の根本先生をお呼びしました。  

万が一、このようなトラブルに合った時にどうしたらよいか、 そのようなことを未然に防ぐにはどうしたらよいか、

ということを 代表の佐藤が親目線で質問し、答えていただく形でお話いただきます。  

そして、万が一このような被害事故に遭ってしまった時、 もしくは加害事故を起こしてしまった時は、どうなるのでしょうか?  

相手方に対するお詫びであったり、被害届や交渉などの労力は当然起きてくることですが、 

それだけではなく、弁護士費用や損害賠償金など、 とにかく多額のお金がかかってしまうことが想定されます。 

ファイナンシャルプランナーとして、ライフプランを作成するには、 このようなリスクにも対応できるようにしておかないといけません。  

そこで今回はもう一方、知的・発達障害者のための保険を販売されている 「ぜんち共済株式会社」の亀田取締役を

ゲストにお呼びして、 このようなリスクに対する具体的な「備え」について、お話いただきます。 

弁護士の先生による具体的な対処方法と、 「備え」に関する専門的な知識が一度に聞けるめったにないチャンスです!

ご自宅からお気軽に参加できますので、是非ご家族みなさんでご参加ください。  

 ※参加者特典:オンライン無料相談1回プレゼント  (根本弁護士と代表の佐藤が一緒にお聞きします) 

 

参加費:一般の方・FP・各種士業の方 1200円(税込) 

    協会会員(ご家族・学校・福祉関係者) 無料

    ※FP、各種士業の会員様に関して、今まで無料にてご参加いただいておりましたが、

     協会への賛助会費との位置づけで、参加費をいただくことにいたしました。

     どうかご協力お願いいたします。

     有料の場合は、ピーテックスのサイトから申込みください。

     ⇒ https://peatix.com/event/1566937/view

 

障害のある方のご家族様、学校関係・福祉事業所などで支援をされている方は、 会員登録ページからご登録していただくと、無料で参加できます! (所属学校・事業所を差し支えない範囲でご記入ください) 

こちらからどうぞ!  一般社団法人障害のある子のライフプランサポート協会 

この機会に是非ご登録下さい!

チケット設定
価格
数量
合計
  • 会員(ご家族・学校・福祉関係者)
    ¥0
    ¥0
    0
    ¥0
合計¥0

このイベントをシェア